健康になるには食べ過ぎないことが一番重要です。

健康に気を使っている人はたくさんいてますが、健康を気にするあまりに、食べることで健康を維持しようとしている人が多くありますが、実はそれ自体が真逆の発想で元気に健康になれることを、知っておきましょう。
簡単に言えば、一番分かりやすいのが体重の問題で言いますが、体重が5キロ10キロ軽くなれば、日々の生活は絶対に楽になります。
食べないでその分、何で栄養を補えば良いのかというと、普通に食事をしていれば、余計なサプリメントは要らないと言えます。
アスリートの食事を見れば分かりますが、食事の量は半端な量ではありませんし、質も良いものを食べています。
現ソフトバンクの工藤監督は、現役投手の時の食事は30種類以上の種類の食べ物が並んでいたと言います。
ですが、普通の人なら普通の食事をして、食べ過ぎないことが一番だということです。
運動量も基本的には少ないですし、もっと食べないことを意識してみましょう。
排泄の方が多くなってくると、身体が健康になって身体が軽くなって行きます。
健康な身体は現代人に言えるのは、食べ過ぎないということでしょうね。

カテゴリー: 健康 タグ: , パーマリンク